ドライヤー選びのポイント紹介

こんにちは
ルエルの徳永です

特別定額給付金、そろそろ皆さんのもとにも届いたのではないでしょうか
10万円の使い道、悩みますよね

これを機に、家電を買い替えたりする人も多いと思います

そこで今回、ドライヤーについて色々と調べてまとめてみました!


ドライヤーってピンからキリまであってどれを選べばいいのか分からないって方が多いと思います
値段が高ければ高いほど、機能が充実してくるのでいいモノにはなりますが、髪質によってはそのまでの機能が必要なかったりということもあります

しっかり自分の髪質やライフスタイルに合ったドライヤーを見つけましょう

今回はドライヤー選びのポイントや話題のドライヤーの紹介などを書いていきたいと思います

まず、ドライヤー選びのポイントとなるのは
値段、重さ、温度、風量、ヘアケア機能と大きく分けて5つあります

値段は先ほども書いたようにピンキリです
安かろう悪かろうではなく、今はリーズナブルでコスパの良いドライヤーもあります!

次に、重さ
意外と重要なポイントになってきます
髪が長ければ長いほど、量が多ければ多いほどドライヤーの時間は長くなってきます
ドライヤーを使う時って、けっこう腕が上がってますよね
その体勢で、重たいものを長時間使ってると疲れてきますよね
挙げ句、疲れて半乾きのままドライヤーをやめたり…という方も多いと思います
ちなみに疲れにくい重さは400g以下、少なくとも600g以下のドライヤーを使うことをお勧めします

そして、温度!
高ければ高い方が良いというものではなく、低ければ低い方が良いというものでもありません
髪の毛表面のキューティクルは熱に弱く高温の風で乾かし続けると傷ついてしまいます
ダメージを最小限に抑えるには、温度を60℃以下に下げられるもの、髪表面が高温にならない機能を搭載したドライヤーを使うことをお勧めします

根元を乾かした後、60℃程度の温度を使って毛先を乾かせばキューティクルのダメージを軽減しつつも髪を素早く乾かすことができます

一般的に販売されているドライヤーは100℃〜120℃が多いようですが、できれば100℃以下の温度がお勧めです

また温風と冷風が切り替えられる機能がついているものや、その2つの間くらいの温度に切り替えられる機能がついていると尚いいです!

次に、風量!
1番大事なポイントかもしれません
洗った後の濡れた髪の毛はキューティクルが開いてダメージしやすい状態にあります
開いたキューティクルを素早く引き締められるよう短時間で乾かせる大風量のドライヤーを選ぶことがポイントです

ドライヤーの風量は【〜㎥/分】という値で表示されるのですが、1.8㎥/分 以上あれば髪をスピーディーに乾かすことができて時短に繋がります

毛量が多い場合、乾燥スピードを重視する場合は、1.8㎥/分 以上のものを
毛量が少ない場合や細い猫っ毛の場合は、風が強すぎると髪が飛び散り逆にドライヤーでのヘアケアがしにくいことがあります

この場合は、低音ドライヤー(ナノイーやプラズマクラスター発生機能付)やビューティーケア機能重視のドライヤーがお勧めです

Hair Make Ruelle

2012年に長崎県佐世保市にオープンした美容室です😊😊😊 ラグジュアリーな雰囲気の中で、ヘアスタイルだけでなく、お客様にリラックスしたお時間を過ごして頂きながら、心身共に『きれい』になって頂くことを心がけています💡💡💡

0コメント

  • 1000 / 1000